046-250-6995  (クリニック原)
神奈川県厚木市愛甲1-3-2
厚木市アレルギー科クリニック原メインサイトアクセス
花粉症の原因
   HOME
   花粉症の様々な症状
   花粉症のかぜ等の見分け方
   血液検査(アレルギー検査)
   アレルギー性気管支炎
   アレルギー性気喘息
   クリニック原の花粉症外来
   クリニック原の薬物療法
   花粉症の原因
   花粉症の日常対策
   花粉症の民間療法
   花粉症の情報リンク
スギ花粉症 の増加としては、原因(抗原)となる スギ花粉 の量が増えていること、自動車の排気ガスに含まれる粒子が抗体を産生しやすくすること、また、生活のリズムが不規則になりがちであったり、ストレスが多くなっていること等が考えられます。
現在では国民10人に1人がスギ花粉症といわれています。2月から4月に スギ花粉、続いて ヒノキ花粉 が5月中旬頃まで飛散します。6月から8月は イネ科植物花粉(ハルガヤ、カモガヤ、オオアワガエリ)、8月から10月はヨモギ、プタクサなどが代表的です。

花粉症の原因植物
花粉症を引き起こす植物は60種以上が報告されています。春先に大量に飛散するスギ花粉が原因であるものが多いが、ヒノキ科、ブタクサ、マツ、イネ科、ヨモギなど他の植物の花粉によるアレルギーを持つ人も多くいます。特にスギ花粉症患者の7~8割程度はヒノキ花粉にも反応します(よって、スギ・ヒノキ花粉症と呼んだほうがよいとの指摘もあります)。また、「イネ科」と総称されることからもわかるとおり、その花粉症の患者は個別の植物ではなくいくつかのイネ科植物の花粉に反応することが知られています。これらは花粉に含まれているアレルゲンがきわめて類似なため、交差反応を起こしているからだといわれています。2~4月はスギ、さらに少し症状が続くようならヒノキ(およびヒノキ科)も疑ったほうがよいでしょう。初夏から夏は各種のイネ科植物秋はブタクサやオオブタクサ(クワモドキ)、ヨモギなどが多いが、地域や年によって飛散時期や量は異なります。スギにおいては、夏の間に大量につぼみつけた年は、晩秋にも症状をひきおこすだけの花粉が飛散することもあるのが確認されています。早春期、スギに先駆けて花粉を飛ばすハンノキなどもあり、早期に症状が出る場合、地域によってはこれを疑ってみる必要があるかもしれません。北海道のシラカバは5月に最盛期となります。













診療のお問い合わせ電話番号
 046-250-6995

クリニック原:診療案内
診療時間 10時30分から13時30分
16時30分から20時30分
休診日 木曜日、土曜日
日曜日、祝日
診療科目 心療内科 アレルギー科 呼吸器科 内科
院長名 原 武史
住所 神奈川県厚木市
愛甲1-3-2
電話番号 046-250-6995

クリニック原
厚木アンチエイジング医療情報センター
厚木心療内科専門
厚木市心療内科クリニック原サイト
健康診断専門クリニック原サイト


HOME花粉症の様々な症状花粉症のかぜ等の見分け方クリニック原の花粉症外来クリニック原の薬物療法
花粉症の原因花粉症の日常対策花粉症の民間療法花粉症の情報リンクアクセスサイトマップ
厚木市アレルギー科クリニック原メインサイト厚木市エイジングケアクリニック原サイト厚木市心療内科クリニック原サイト
Copyright(C) 厚木 クリニック原 花粉症 アレルギー科 専門サイト All rights reserved.
produced by FARO